時期による女性のホルモン変化

1 思春期

思春期とは、「初経(初潮)が始まってから月経が安定するまでの期間のことで、具体的には8~9歳から17~18歳までの時期を指しますレビトラ ジェネリック

女性ホルモンの一つ、エストロゲン(卵胞ホルモン)が少しずつ分泌されるようになり、皮下脂肪でカラダが丸みをおびてきて、胸がふくらんだり、陰毛やわき毛が生えてきたりと、大人の女性のカラダに近づいていきますシアリス 種類

また、この時期はカラダだけでなく、精神的にも大きく成長していきます。ただ、ココロとカラダの成長の速さが違うことが多いため、心身のバランスが崩れやすく、ココロの問題や病気が生じやすくなります。

2成熟期

18~19歳から44~45歳くらいまでの時期が成熟期です。

女性ホルモンの一つ、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が順調になり、月経周期が安定し、心身ともに安定する時期といえるでしょう。体つきが女性らしくなるだけでなく、結婚や妊娠、出産、育児や、仕事や趣味などにも積極的に関わっていける、人生のなかでいちばん充実した時期かもしれませんバイアグラ 成分

3閉経期

閉経が起こる前後の5年間、年齢的には45歳ぐらいから55歳ぐらいまでを更年期と呼んでいます。その結果、女性ホルモンの一つ、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量が減ってきて、やがて分泌されなくなります。こうしたカラダの変化が、ホットフラッシュ(のぼせ)、ほてり、発汗、イライラ、うつ症状といった更年期の症状(更年期障害)を引き起こしていると考えられています。

4老年期

老年期を迎えると、女性ホルモンの一つ、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌がなくなり、男性との差はほとんどなくなります。そのため、それまで男性に多かった生活習慣病(高血圧・高脂血症・糖尿病など)、がん、認知症、骨粗しょう症などの病気にもかかりやすくなります。とくに骨粗しょう症や認知症では、骨折などによって寝たきりにつながりやすいことから、深刻です。とくに認知症の場合、本人が病気に気づきにくいことから、家族や周りの注意が必要になってきます。