女性ホルモン問題を大事に

女性は年齢を重ねると共にホルモンバランスを崩してしまうことが多くなります。まして、働き盛りの30代くらいになると、社会的にも重要な仕事を担当するようになり、ストレスや疲労が溜まりやすく、ホルモンが乱れることもあります。女性ホルモンのバランスはどうのように整えればいいでしょうか?

食生活の乱れ

毎日の食事はホルモンの分泌を促進させる働きを持ちます。栄養バランスを考えた規則正しい食事を心がけましょう。精力剤また、女性ホルモンの分泌に効果的なビタミンB6・Eと、女性ホルモンと同じ働きを持つ大豆イソフラボンは積極的に摂取しましょう。

運動不足

運動は自律神経を活性化させ、ホルモンバランスを正常に整える働きをします。ウォーキングや散歩などでも十分効果はありますので、まずは身体を動かすことを心がけてみましょう。

ストレス

ホルモンバランスを整えるには、媚薬毎日楽しいと思える生活を送ることが大切です。一日の中で楽しみを見つける、趣味に没頭するなど、ストレス発散方法を見つけてみましょう。

睡眠不足

睡眠中には成長ホルモンをはじめ、さまざまなホルモンが分泌されています。特に、眠り始めの最初の3時間にホルモンが分泌されやすくなります。8時間の睡眠時間を確保できなくても、眠り始めの3時間の質を高めて睡眠を上手に活用しましょう。

生理痛
生理痛というのは月経が来るとき下腹部痛、腰痛などの疼痛を訴え、早漏仕事や学業などの社会生活が困難になることであります。

生理痛が問題になるのは痛みがとっても強くなって、そして日常生活に支障が出てきた。月経が来るときに寝込んで仕事を休むような人は「単純な生理痛」と放置していてはいけません。特に、以前は効いていた痛み止めが効かなくなってきたり、痛み止めが効いている時間が短くなってきていたりしたら要注意ですよ。この場合、生理痛の原因となる病気が進んできている可能性もあります

月経困難症
月経困難症とは痛み止めがなければ我慢できないほどの生理痛が一番典型的な症状です。そして、月経困難症はひどい月経痛以外に頭痛・めまい・腰痛・下痢などの様々な症状が出ることがあります。
そして、月経困難症は二つタイプがあります。それは機能性月経困難症と器質性月経困難症ということです。

原因は機能性について理論的に原因は月経時に子宮内膜でつくられるプロスタグランジンの産生過剰だということであります。プロスタグランジンは全身の平滑筋(へいかつきん)を収縮させて頭痛、嘔吐などを引き起こすことができます。また、子宮の過剰収縮によって疼痛を引き起こすことであります。

そして、タバコを吸うや冷え性や不規則な生活するなどこのようなことが多い人が機能性月経困難症になりやすいです。シアリスこの原因は全て血液の流れを悪くしてしまうので改善する必要があります。

特にタバコを吸うことです。タバコは血管を収縮させて血液をドロドロにしてしまうので、血液の流れは悪くなってしまいますからね。

器質性について理論的に原因は子宮内膜症(しきゅうないまくしょう)、子宮腺筋症(しきゅうせんきんしょう)などまた、子宮の奇形による病気があるということがあります。

特に「子宮の奇形」の場合は血液がスムーズに出にくいので、レビトラ痛みが強くなりやすかったりします。

そして、子宮後屈という病気があるとき、つまり子宮の位置が後ろにあるということです。それによって血液がスムーズに排出されにくくなって強い痛みを伴うこともあります。